News Letter 2021年3月

News Letter 2021年3月

皆さん、こんにちは。
EJMCのライダーであり、ライターのhayaxです。

EJMC News Letter 2021年3月号です。

先日、モーターサイクルでサーキットを走行するために、レーシングスーツ(革ツナギ)を購入しました。
私はまだサーキットを走行したことがないので、レーシングスーツだけではなく、ブーツやグローブ、その他、備品が必要なので、そのための準備をすすめている・・・というところです。

サーキットを走行させるモーターサイクルは、公道を走行出来ないようにして、サーキット専用モーターサイクルにカスタムします。
私の場合、125ccのAprilia RS4 125というモーターサイクルをミニサーキットで走行したいと思っています。

EJMCコレクション - RS4 125

ということで、3月号では、「日本でサーキット走行するために必要なこと」を書いてみようと思います。
排気量やコースの広さや長さなど、細かいことが多いですが、今回、まずは、概略を書き出してみたいと思います。

余談かもしれませんが、サーキットや山の中のような私有地でモーターサイクルを走行させる時には、モーターサイクルに関する免許は必要ありません。
ただし、サーキットの許可証のようなライセンス、山の中の私有地の場合、私有地を管理している団体の許可を得る必要があります。

日本でサーキット走行するために必要なこと

サーキットとは?

サーキットとは、モーターサイクルでレースを行うコースのことを指しています。
日本で有名なサーキットと言えば、「鈴鹿サーキット」、「ツインリンクもてぎ」ではないでしょうか。

ただし、排気量によって、サーキットのルールなどが変わり、また排気量が少ないミニバイク(だいたい125ccまで)を走行することができるサーキットは、比較的、小さなサーキットが主なサーキットになってきます。

「鈴鹿サーキット」や「ツインリンクもてぎ」などは、大型サーキットで、大きなレースでは1000ccのバイクが走行されています。
「鈴鹿サーキット」と言えば「鈴鹿8耐」が有名ですね。
鈴鹿8耐は、1000ccのスポーツバイクのレースです。

そして、その上で、各サーキットのルールを知る必要があります。
また、サーキットの多くに、サーキットごとのラインセンスがありますので、どのサーキットを走行するにしても、サーキットごとにライセンスを取得する必要があります。
ライセンスについては、事前にサーキットに必ず確認するようにしてください。

モーターサイクルの準備

まず最も重要なのが、モーターサイクルが必要ですね。
公道を走行できる状態であれば問題はありません。

公道を走行できない状態でも、走行する上で問題ないようにモーターサイクルが設定されていれば問題ありません。
(故障していないモーターサイクルであれば問題はありません。)
そもそも、レース用のモーターサイクルは、公道を走行することが出来ないモーターサイクルですので、壊れていないこと、排気音が大きすぎないこと、が利用可能なモーターサイクルの条件となります。

排気音が大きすぎたり、排気量に関するカスタムをしていると、規制があるかもしれません。
サーキットのルール(規則)に従ったモーターサイクルにする必要があります。

公道を走行できるモーターサイクルであっても、サーキットを走行する時には、事前の準備が必要になります。
サーキット走行専用にカスタムされたモーターサイクルであれば、そのまま走行していただいて問題ありません。

装備の準備

レーシングスーツ、レーシングブーツ、レーシンググローブ、プロテクターが必要となります。
だいたい、レーシングスーツを買いに行くと、他の装備もすすめてもらえると思います。

装備に関しては、これにて完了です。

レーシングスーツはサイズ調整が難しく、値段が高いため、日本のサーキットで走行したい世界の皆様におかれましては、自国でご用意いただくのがベストだと思います。

備品の準備

備品というのは、サーキットを走行するために、準備すべき工具などのことを指しています。

  • バイクを運搬する車
  • 車の中でバイクを縛るベルト
  • バイクを整備する工具
  • レーシングスーツなどを持ち運びするためのカバンなど
  • タイヤウォーマーや発電機
  • バイクスタンド

などです。

たくさんの備品が必要ですので、サーキットに来る前に十分に確認をしなければいけません。

私は全ての備品が揃っているわけではありません。
ですが、ひとまず、サーキットでモーターサイクルを走行させることができる準備はできた・・・というところです。

その他

サーキットを走行すると、汗をかきますし、食事や水分なども必要になりますね。
サーキットには、ほぼ何もないので、あらかじめ用意する必要があります。

また、時間も守る必要があったり、サーキットのルールや規則も知っておく必要があります。

また、サーキットごとに取得しなければいけないライセンスもあります。

まずは、どのような場合でも、サーキットにライセンスについて確認をする必要があります。
ライセンスは、”サーキットのルールを聞きました”という証でもあります。
多くのサーキットではライセンスが必要です。
必ず事前に確認をして、ライセンスを取得してから、サーキットを走行してください。

※改めて、別のNews Letterのトピックスで「ライセンスの取得」について書いてみようと思います。

締め

ここでは全てのことは書ききれませんが、概略としては、以上です。

排気量やコースの大きさなど、サーキットごとに細かいルールや規則などがあります。
排気量が大きくなれば、料金も高くなり、ライセンス取得も難しくなります。
ミニサーキットですと、ラインセンスの取得は簡単になり、比較的、走行しやすいことが多くなります。

News Letterでは、そういったサーキットに関するノウハウを書き出していこうと思います。
規則やルールはサーキットごとに変わるため、サーキットを紹介するような感じで記事にしてみたいと思います。

訪日外国人の方がサーキットを走行するために必要な要件などは、きっちり確認をする必要があります。

そういったことも含め、事前に取材などを行い記事にするようにしたいと思います。

*****

日本の3月は、いつも通りの3月ならまだ寒い季節です。
寒い地域では雪が降っていてます。
街中で雪が積もることはないと思いますが、山ではまだ雪が残っています。

そんな3月は市街地でのツーリングが活発になり始める時期です。

今年の3月はとても暖かいので、ツーリングがしやすい時期になりそうな感じがしています。
日本では”花粉症”という病気も流行ります。
暖かい時期に日本でツーリングをする時には、”花粉症”対策のマスクが必要になるかもしれません。

今年の3月はいつもとは違う気候になると思いますので、みなさんも十分にご注意くださいね。

»English

※※※日本人ライダーの皆様へのお願い※※※

もし、道に迷われた訪日外国人の方がいて、当サイトやこの画面をご覧になられましたら、是非とも、訪日外国人の皆さんが目的地に進むことができるように、ご協力をお願いしたく思う次第でございます。

見知らぬ土地で大冒険をしたら、失敗することもありますよね。
皆さんもご経験があるのではないでしょうか。

国境を越えたツーリングをみんなで楽しみたいということが、当サイトの目的ですので、何卒ご理解をいただきたく思う次第でございます。

こういったやりとりに関して、事後にご連絡をいただけましたら、弊社からスターバックスのチケットを進呈させていただきたく思う次第でございます。
深い意図はございませんでして、感謝の気持ちを贈らせていただきたく思う次第でございます。

恐れ入りますが、何卒、宜しくお願いいたします。